プログラミングスクール「Dive into Code」がPythonを使った「エキスパートAIコース」を提供開始!

「Dive into Code」がPythonを使った「エキスパートAIコース」を提供開始
ぽんぽこの画像

プログラミング学習者に役立つサイトを目指します! by ぽんぽこ @ponpoko_code

プログラミングスクールの比較・検索 プロぽこ


コアなファンが多い人気のプログラミングスクール「DIVE INTO CODE」が新たなコース「エキスパートAIコース」の提供を開始しました。

「受講生ファースト」を徹底しておられる代表の野呂さんのファンが多いのもこのスクールの特徴ですね。

Dive into Code エキスパートAIコース

DIVE INTO CODE
ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

注目の言語、Python(パイソン)を使ったAI学習です。
ぽこ子のアイコン画像

ぽこ子

Pythonは他の言語に比べると日本ではまだまだ学習資料が少ないのが現状です。最近は書籍や動画(Udemy[ユーデミー]など)も増えてきましたが、わからないことは海外の情報を調べる必要があったりと、初学者とっては時間がかかってしまうことがありますね。
ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

そうだね、こういった効率的に学べる環境やサポートの提供は嬉しいね。

今回は「Dive into Code」の「エキスパートAIコース」についてご紹介します。

Dive into CodeはどうしてエキスパートAIコースを開始させたのか?

「Dive into Code」がPythonを使った「エキスパートAIコース」を提供開始
ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

Dive into Codeから発表された情報を紹介します。

近年、人口知能(AI)はビジネスの現場でも活用される事例が増えており、その市場規模は2030年に86兆9600億円まで拡大すると言われています。

※1 一方で、AIを活用できる人材は数万人規模で不足しており、育成が急務と考えられています。

※2 Dive into Codeは、これまでRuby/Ruby on Rails領域を中心にハイレベル・プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」を展開してきましたが、前述の課題を解決すべく『エキスパートAIコース』を開設するに至りました。

本コースでは、最先端のAIを基礎から学び、教養だけの学習にとどまらず、最新の論文における技術をプロダクトやコードに落とし込めるようなハイレベルAI人材の育成を行っていく予定です。

※1 EY総合研究所 未来社会・産業研究部レポートより
https://eyi.eyjapan.jp/knowledge/future-society-and-industry/pdf/2015-09-15.pdf

※2 2016年6月10日 日本経済新聞 電子版より
AI人材「数万人規模で不足」 専門家指摘
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03443970Z00C16A6TI1000/

「エキスパートAIコース」とは?

エキスパートAIコース

Dive into Code エキスパートAIコース

独学やプログラミングスクールでの挫折経験者、SE・Web系エンジニアからPythonを利用したAIエンジニアへの転身を図る人などを対象としたハイレベル・プログラミングスクールです。

ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

就職・転職や将来のキャリアを考える人にとっても可能性が広がるコースですね。

最先端の理論を実装できるAIエンジニアを育成するプログラム

Pythonを用いたアルゴリズム構築、機械学習(machine learning)、深層学習(Deep learning)と言った基礎技術、スクレイピングなどのデータ集積技術、さらに、各技術を理論的に解釈し実装するための基礎数学、論文輪読などを通じて、プロジェクトを完結させられ、かつ、最先端の理論を実装できるAIエンジニアを育成するプログラムです。


ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

現在あるプログラミングスクールで、論文の輪読を前提とした数学習得まで行っているところは他に無いね。何気にすごいサービスの登場だよ。
ぽこ子のアイコン画像

ぽこ子

特に、論文を実装しようと考えたときに、基礎数学が必要になることはよくあるしね。(例えば、人型ロボットというのは、線形代数と解析の塊だし、データサイエンティストは統計学がわからないと話にならないし。)


社会人からプログラミングをはじめた人にとっては、各種アルゴリズムや先端技術の理論的背景を解釈することは、このような背景から非常に難しいことが多いです。

それを打ち破るかのような新コースが「エキスパートAIコース」です。

エキスパートAIコース授業テーマ例

・肺スキャンのデータを使用して、肺がん検出アルゴリズムを開発する
・アルゴリズムを開発することで、肺がんの早期発見を目指す
・音声認識APIを利用して、音声アシスタントの開発をする
・幅優先探索アルゴリズムを、ペアプログラミングで実装する
・AIの倫理問題について、ディスカッションする

など

エキスパートAIコースカリキュラム例

※変更になる場合がありますので、最新情報は公式サイトを確認してください。

・Python入門
・アルゴリズム・データ構造
・データサイエンス入門
・数学
・Pythonを使用した、スクレイピング
・機械学習
・深層学習
・応用プロジェクト
・最新の技術を学ぶ
・プロトタイプ作成
・DEMODAYで発表する

自然言語処理、画像認識、音声認識、Game Agentの4種類の応用テーマのいずれかを選択し、そのプロダクトのプロトタイプを作成、DEMODAYにてプレゼンをすることがゴールです。

エキスパートAIコースの2つの学び方

エキスパートAIコースは、

・12週間週6回以上のメンタリングを必要とするフルタイム
・6ヶ月週2回以上のメンタリングを必要とするパートタイム

の2つのコースに別れます。

受講生が学び続けるためのコミュニティとしての場も提供

DIVE INTO CODEでは、プログラミングスクール講座としての学習機会提供はもちろんのこと、プロダクトのプロトタイプ作成DEMODAYでの発表、卒業後も永続的に利用できるオンライン学習教材「DIVER」など、受講生が学び続けるためのコミュニティとしての場も提供します。

世界中どこからでも受講可能

DIVE INTO CODEはスクーリングがありますが、遠隔スクーリングも可能となっており、実は世界中どこからでも受講可能です。

疑問は無料説明会で解決。Skypeでも可能です

自分が求めるサービスか確認するために、無料説明会の利用がオススメです。詳しいカリキュラムについて、学習風景はどうか、自分でも大丈夫か、ライフスタイルに合うか、どんな利用者が多いか、など疑問に思うことは解決しておきましょう。

忙しい方や遠方の方にはSkypeを利用した説明会も可能なので気軽に相談してみましょう。

DIVE INTO CODE 無料説明会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


プログラミングは楽しい!

今人気のプログラミングスクール!

オンライン!安い!チャット&ビデオ通話サポート!最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール。最大の魅力は『自分だけのパーソナルメンターがつくこと』です。一人ではなかなか学習を続けられないという人にはぴったりのスクールです。実践的なスキルが身に付きます。テレビでも紹介されました。

サポートが丁寧!『Webスク』は、通学とオンラインの学習を組み合わせ、効率的にスキルを習得することができるスクールです。半年間で即戦力のプログラマー、Webデザイナーを目指します。業界初の「転職保証」も人気です。
『WebCamp』は実戦形式にこだわったプログラムで初心者でも安心して学習を進めることができます。1ヵ月間、集中的に学習することで、スキルの習得が早いのも特徴です。

オンラインでマンツーマン授業!?『CodeCamp』は、現役のエンジニアからマンツーマンのビデオ通話でレッスンを受けることができるプログラミングスクールです。初心者や学習に挫折した経験がある方の【最後の砦】となるでしょう。
1回40分のレッスンで、早朝から深夜まで受講可能です。オンラインなのにマンツーマンレッスン!忙しくて通学の時間が取れない!という方にもオススメです。ぽんぽこは『CodeCamp』のおかげでプログラマーに転職できました!

もっと記事を読むなら下記のボタンをクリック!