【将来性や給料は?】プログラミング初心者が2016年に学ぶべき言語とは?【最新】

ぽんぽこの画像

プログラミング学習者に役立つサイトを目指します! by ぽんぽこ @ponpoko_code

プログラミングスクールの比較・検索 プロぽこ

みなさんプログラミング頑張っていますか?プログラミング楽しいですね。今回は海外の記事からプログラミング初心者が2016年に学ぶべき言語を紹介します。

現在人気の言語/それぞれの給料/将来性は?

プログラミング言語はたくさんありますが、一体どの言語を習得すればいいのでしょうか?現在人気の言語と、それぞれの給料、それぞれの言語の将来をご紹介いたします。

【動的プログラミング言語】

動的プログラミング言語は、柔軟性があり、楽しいのでプログラミング学習初心者にお勧めの言語です。 少ないコードでアプリを構築することができ、難しいルールもないので、習得しやすい言語です。

JavaScript

JavaScriptは、フロントエンド開発に使用されるクライアント側スクリプト言語です。JavaScriptはすべてのブラウザに対応し、相互に作用するウェブアプリケーションの作成に使用されます。

Ruby

Rubyは、バックエンド開発に使用され、Airbnb,、Shopify、Bloomberg、Hulu、Slideshareで使用されており、Ruby on Railsで構築されます。

Python

Pythonは初心者にとてもおすすめの言語で、アメリカの一流大学でも入門言語として人気です。Google、Dropbox、Pinterest、Instagram、Reddit、BitTorrent、Civilization IVなどがPythonで構築されています。

【静的プログラミング言語】

静的プログラミング言語で構築されるアップリケ―ションは不変で、維持可能なものとして知られています。ゲームエンジン、モバイルアプリケーションなどは静的プログラミング言語で構築されています。

Java

汎用言語として、Javaはアンドロイドアプリケーション、デスクトップアプリケーション、ゲームに使用されます。さらに、Hadoopは大容量データを保存、処理するために使用されるJavaベースの人気のフレームワークです。Yahoo、Facebook、Amazon Web Servicesなどの企業で使用されています。

C言語

Cは、システムソフトウェアのプログラムに使用され、オペレーティングシステムの共通語です。CはObjective-CとC++などのプログラミング言語に影響を与えました。

Objective-C / Swift (for iOS development)

アップルのSwiftはObjective-Cと互換性があるよう設計された静的言語です。

C++

C++は、システムソフトウェアをプログラムするために作られました。ゲーム、ゲームエンジン、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーション、ウェブアプリケーションを構築するために使用されます。

C#

C#は、マイクロソフトの.NET frameworkを使用するために開発されました。ウェブ開発、ゲーム開発、マイクロソフト開発のために使用されます。

【その他の言語】

SQL

SQLはデータベースと通信するために使用されるクエリー言語です。SQLはアプリケーション構築には使用されませんが、リレーショナルデータベース管理システムを使用してアプリケーションのデータを管理します。

【流行の言語】

JavaScriptは最も需要のあるスキルですが、初心者はJava, C、C++、 C#よりもPythonや Rubyを学習した方がいいでしょう。

【給料】

Ruby、C++、Javaを習得している開発者は初任給が他の言語より高いです。PythonとRubyはの開発者が不足しているため、一番給料が高くなる可能性が高いです。

【プログラミング言語の将来】

JavaScript

JavaScriptは、現在でもバックエンド開発に使用され、モバイルアプリケーションを構築することができるため、間違いなく、ますます人気になるでしょう。
JavaScriptはさらにツールを獲得し、アップデートされ続けるので、さらに重要度が増すことが分かります。

Python

Pythonは学術的研究者、データ科学者に人気で、多くの学校が初心者はPythonからコーディングの学習を始めることを推奨しています。
そのため、Pythonは着々と成長し、将来も残る言語になるでしょう。

PHP

バックエンド開発の流行はここ数年PHPから離れていますが、ウェブサイトの80%が現在もPHPで構築されています。

Java

アンドロイドはJavaを使用しており、多くの企業もその安定性と拡張性が気に入って、同じく使用しています。そのため、Javaは人気のプログラミング言語であると言えます。

Objective-C/Swift

アップルがSwiftを発表したため、Objective-Cはアップル製品のみで使用されています。Swiftはアップル製品が人気である限りは使用されるでしょう。iOSのオープンソースプロジェクトの多くは依然としてObjective-Cで書かれているため、Swiftを習得したいのであれば、Objective-Cも知っておいた方がいいです。

C言語

Cは他のプログラミング言語と比べると人気は低いですが、多くの開発ツールがC言語で書かれているため、知っていて損はないでしょう。

SQL

SQLはデータベース管理者のほとんどが理解している言語ですが、NoSQLサービスの台頭で人気がなくなっています。

C++

C++は、ゲームエンジンなどハイパフォーマンスが必要とされる分野では使用されるでしょう。現在使用されているC++14が2017年にアップデートされるので、これからも使用される言語です。

C#

C#を使用している開発者はC#を愛しているので、しっかりしたコミュニティが形成されています。また、Unity3Dの主要言語となっています。Unity3Dはバーチャルリアリティアプリケーションの開発に使用されるため、C#は将来も続けて使用される可能性が高いです。

【まとめ】

ウェブ開発をしたいのであれば、まず習得すべき言語はJavaScriptです。もし、バックエンド開発をしたいのであれば、SQLを学ぶ必要があります。

最後に・・

いかがでしたでしょうか。どの言語が良いか?というのはどの切り口で考えるかで変わってきますが、参考になれば幸いです。

詳細はこちらのサイトから確認してください。豊富なデータがグラフ付きで紹介されています。
What Programming Language Should a Beginner Learn in 2016?

What Programming Language Should a Beginner Learn in 2016

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


プログラミングは楽しい!

今人気のプログラミングスクール!

オンライン!安い!チャット&ビデオ通話サポート!最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール。最大の魅力は『自分だけのパーソナルメンターがつくこと』です。一人ではなかなか学習を続けられないという人にはぴったりのスクールです。実践的なスキルが身に付きます。テレビでも紹介されました。

サポートが丁寧!『Webスク』は、通学とオンラインの学習を組み合わせ、効率的にスキルを習得することができるスクールです。半年間で即戦力のプログラマー、Webデザイナーを目指します。業界初の「転職保証」も人気です。
『WebCamp』は実戦形式にこだわったプログラムで初心者でも安心して学習を進めることができます。1ヵ月間、集中的に学習することで、スキルの習得が早いのも特徴です。

オンラインでマンツーマン授業!?『CodeCamp』は、現役のエンジニアからマンツーマンのビデオ通話でレッスンを受けることができるプログラミングスクールです。初心者や学習に挫折した経験がある方の【最後の砦】となるでしょう。
1回40分のレッスンで、早朝から深夜まで受講可能です。オンラインなのにマンツーマンレッスン!忙しくて通学の時間が取れない!という方にもオススメです。ぽんぽこは『CodeCamp』のおかげでプログラマーに転職できました!

もっと記事を読むなら下記のボタンをクリック!