【プログラミング教育】大学の子供向けプログラミング講座をお子さんを通わせたママさんの事例を紹介

【プログラミング教育】大学の子供向けプログラミング講座をお子さんを通わせたママさんの事例を紹介
ぽんぽこの画像

プログラミング学習者に役立つサイトを目指します! by ぽんぽこ @ponpoko_code

プログラミングスクールの比較・検索 プロぽこ

お子さんへプログラミング教育されている方へのインタビューを紹介

【2020年必修化】子どものプログラミング教育どうしてる?子育てママに聞きました

こんにちは。ぽんぽこです。今回は子どものプログラミング教育に関して実際にお子さんに「何かしらの教育」を実践しておられる方へのインタビューを紹介します。

2020年には小学校でプログラミングが必修化されます。実際に親御さんはどのような教育をされているのでしょう。

実例を知ることで、あなたのお子さんへの教育法の参考にしていただけたらと思います。

今回は大学の子供向けプログラミング講座をお子さんを通わせているママさんの事例を紹介します。

それではインタビュースタートです!

お子さんにどんなプログラミング教育をされていますか?

大学の子供向けプログラミング講座を利用

小学校でパソコンの授業が始まり、息子がパソコンに興味を持ったことがきっかけでした。

近所の情報工学部のある大学で小学生向けプログラミング講座の生徒を募集していて、対象年齢が10歳からだったので、小学校4年生の息子にちょうど良いなと思い申し込みました。

期間は1年と限定されており、週に1回土曜日に通わせました。

プログラミング講座の内容は?

学習内容としては毎回テーマが決まっていて、それを大学生に教えてもらいながら進めていく感じでした。

自分達の描いた絵を動かしたり、ロボットに言葉を覚えさせ会話できるようにしたり。子供たちの興味を惹くような項目ばかりで、息子も楽しそうに通っていました。

検索以外にも出来ることが増えた

プログラミング講座に通わせて良かったことは、パソコンで出来ることの幅が広がったことです。

学校では使うと言っても検索機能ばかりだったので、息子としても不満だったようですが、他にも色々なことが出来ると知り自分でもこうしてみたい、ああしてみたいという発想力がついた様子でした。

息子はキーボードでの入力に苦労していた

苦労したのはキーボード入力を覚えさせるところです。

プログラミングでは様々な記号を使うため、最初のうちは入力するのに凄く時間がかかり、息子も途中からイライラしていました。

しかしだんだん慣れてきて少し早くなったので良かったです。

プログラミング講座に通わせて良かった

講座に申し込む前はプログラミングなんて10歳の子には早いかな?と心配していましたが、まだ頭が柔らかく考え方が固定していないので、すんなり覚えてくれて早く始めさせて良かったと思えました。

中学生以上でも遅くはありませんが、特に柔軟性のある小学生のうちに始めるのがお勧めです!

ありがとうございました!

いかがでしたでしょうか。

大学の子供向けプログラミング講座をお子さんを通わせているママさんの事例を紹介しました。

是非あなたの家庭のプログラミング教育の参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


プログラミングは楽しい!

今人気のプログラミングスクール!

オンライン!安い!チャット&ビデオ通話サポート!最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール。最大の魅力は『自分だけのパーソナルメンターがつくこと』です。一人ではなかなか学習を続けられないという人にはぴったりのスクールです。実践的なスキルが身に付きます。テレビでも紹介されました。

サポートが丁寧!『Webスク』は、通学とオンラインの学習を組み合わせ、効率的にスキルを習得することができるスクールです。半年間で即戦力のプログラマー、Webデザイナーを目指します。業界初の「転職保証」も人気です。
『WebCamp』は実戦形式にこだわったプログラムで初心者でも安心して学習を進めることができます。1ヵ月間、集中的に学習することで、スキルの習得が早いのも特徴です。

オンラインでマンツーマン授業!?『CodeCamp』は、現役のエンジニアからマンツーマンのビデオ通話でレッスンを受けることができるプログラミングスクールです。初心者や学習に挫折した経験がある方の【最後の砦】となるでしょう。
1回40分のレッスンで、早朝から深夜まで受講可能です。オンラインなのにマンツーマンレッスン!忙しくて通学の時間が取れない!という方にもオススメです。ぽんぽこは『CodeCamp』のおかげでプログラマーに転職できました!

もっと記事を読むなら下記のボタンをクリック!